2020.10-12

Weekly West Nine

Weekly Diary Written by Nishikujo Mai

HOME>Weekly West Nine>2020.10-12

2020.10-12

2020.12.5 鬼滅の刃事件

ローソンの鬼滅の刃のキャンペーンでもらった今治産タオルハンカチ。秋のキャンペーンで追加された新作以外のデザインは変わらないそうです。

先日までローソンで鬼滅の刃のキャンペーンがありましたが、今回は夏のお話。
ローソンでPontaカードかdポイントカードの所持者でペットボトルの飲料30本で今治産のコラボタオルハンカチが後日もらえるものでした。
映画公開前で名前だけしか知らなかった私は誰のものがいいのかわからずに選ぶことに。
主人公のものはすでに予定配布枚数に達していたので主人公の妹である、竈門(かまど)禰豆子(ねずこ)のものにしました。
コラボタオルハンカチとは言ってもキャラクターの絵が描かれているわけではなく、キャラクターが着ている着物の柄がハンカチになっています。
あとでわかったのですが、竹筒を咥えているので禰豆子のコスプレは分かりやすいです。
筋肉質の外国人男性がコスプレをしても竹筒のおかげで禰豆子のコスプレをしているのが分かってもらえるレベルです。

何を言っているのかわからないと思いますのでこのサイトの写真をご覧ください。

夏の話なのに今頃話題にしたのは、実物のハンカチをもらえたのが先日だったから。
このハンカチを手にする少し前に姪に好きなキャラを尋ねたら、胡蝶しのぶというキャラらしい。
先週で終了した秋の鬼滅の刃キャンペーンでは胡蝶しのぶを選んだのですが、もらえるのは来年の2月以降の話。
禰豆子のハンカチを渡したら喜んでくれました。
映画公開して大ヒットしているので今となっては知らない間に鬼滅の刃のグッズをいいタイミングで手に入れたのだなと感じました。

2020.11.29 PPC2020事件

10日ほど前に西日本国際福祉機器展の事務局からメールが届きました。
本来ならば11月19日(木)から21日(土)まで開催の予定でしたがコロナの影響でWEB開催になったということでした。

配信開始から1か月たってからのメールの頭を抱えましたが、昨年初めて行った会場でメールアドレスを記入してしっかり送ってきてくれたことに評価したいです。

10年以上メールアドレスを記入しても一向にメールが来ない名古屋の福祉機器展事務局とはえらい違いです。

来年の2月の中旬まで開催していることや一部参加企業の動画もあり、HCR2020と比較して評価すべき点はあるのですが、いかんせん参加企業が少なすぎます。
WEB開催の良いところはどこでも見に行けるところ。
現地までの交通費を気にしなくてもいいから全国から参加企業が呼べるはずだが、残念ながら本来の開催地である北九州市中心です。
今年分のWEB開催中であるけれど、来年開催分も見越して計画する必要があります。
事実、実際会場に行くと次回開催の日程を公表しているから。

正直言って来年もどこもWEB開催になるのではないかと思います。
今年は準備不足ということもあり大目に見てもらえますが、来年は準備期間も十分にあるので中身のあるものにしてほしいと思います。

最後に数は少ないけれど医療関係者や福祉従事者への書き込みメッセージのコーナーが設けられたのは評価できます。

2020.11.21 ボジョレーヌーボー購入事件

ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボーのボトル。今年購入した、Domaine des Nugues Beaujolais Villages Nouveau(ドメーヌ・デ・ニュグ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー)です。

今年もボジョレヌーボーの季節になりました。
いつも通り11月の第3木曜日に解禁で解禁日に飲むのが私のスタイル。
ボジョレーヌーボーにそれ以外の価値を見いだせていないわけではないのですが、解禁日以外には飲まないです。
次の日は平日ですが、ボトルを空にします。

最近は解禁日当日にどこかで購入することが多かったのですが、今回も昨年と同じスーパーで同じものを予約しました。
実は10月1日に酒税が改正されて、ワインは酒税が上がりました。
昨年に引き続きワインの税金が上がりました。

最近、アルコールを飲まないから酒税が少々上がったぐらいでは購入を控えるということはなくむしろ、外出禁止令がかかっているのでこれぐらいにお金をかけないとやってられないという意識が勝ってしまいます。
冷蔵庫で冷やして飲みました。
同じ銘柄ということもあり、味わいも昨年と同じような味わいで飲みやすい一品でした。
しかし、私の方がアルコールに弱くなっていて自宅で飲んでいるにもかかわらず自室まで辿り着けるか心配でした。
来年までにもう少しアルコールに強くなっておこうと思います。

2020.11.14 サーバ変更事件

実は8月の終わりに契約しているホスティングサービスから連絡がありました。
現在使っているサーバが11月いっぱいで終了すると。
会社がなくなるとかではなく今のサーバ自体がこれからのセキュリティを含めたネット環境に対応ができないらしい。
同じ会社のサービスは続行するのですが、サーバが変わるので契約のし直しです。
新サービスに移行する意思を表明し、入金手続きまで行ったのが9月。
私の都合でもないのにサーバの移行作業はすべて私自身。しかもボタンひとつで移行できる代物ではない。

ドメインを移行するところから始めることに。
全くのサポートなしではないけれど時間がかかるうえに説明そのものがライトユーザーの私には難解な用語ばかり。
サーバの移行作業に手間取って数日間、このHPが閉鎖されたような状態になりました。
今も多くのページは復旧できていません。
ただ、復旧方法は分かったので数日中には完全復旧を目指したいと思います。

2020.11.7 休日出勤事件

休日にもかかわらず、顧客にメールを送れという仕事が舞い込んできた。
本来なら休日は1日中外出していてどんな些細な用事も物理的に不可能です。
しかし、会社が外出禁止令を出しているので些細な用事ならできるものだと勘違いしている。
モチベーションはダダ下がりなのですが…

そんな中でのメール送信。
家から職場までは近いとは言え、わざわざ休日出勤しなくてもいい案件。
おかげで精神状態はズタズタに。
最近、YouTubeで癒し効果のあるBGMを聴きながら眠りについている西九条がいます。

2020.11.4 バーチャル丘フェス事件

11月3日に行われたバーチャル丘フェスのスクショ。もはや詐欺レベルの西九条舞がいます。

昨日11月3日は飯田 丘のまちフェスティバルでした。
正確に言えば、今年は丘フェス月間ということなのですが、バーチャル丘フェスは11月3日だけです。
2年連続で飯田に行っていましたが、今年は仕事があり、飯田に行けそうもなかったので、バーチャルの世界だけでも行けて良かったです。
幸い、今年スマホにチェンジしたのでクラスターというアプリを入れて会場に参加。
しかし、使い勝手がわからず牛歩戦術並みの歩行速度でした。

アバターが数種類しかなく、自分と同じ格好をした人が何人もいて困りました。
飯田のゆるキャラ「ぽぉ」がメインステージにいたのでスクリーンショットでパチリ。
会場を思い出しながらバーチャル世界を楽しみましたが、やはり、現実世界と違うのは仕方がありません。
三密を避けるためのバーチャルですが、バーチャルの中はものすごく閑散としていました。

サブカルチャーが主体のこのイベントですが、消防車が展示されていたり、ミニ動物園があったりと幅広い年齢層の方が楽しめるイベントで手作り感があり、大規模過ぎなくて個人的には好きなイベントですが、休みの関係でしばらく行けそうにありません。
ですが、来年こそは実際のイベントを開催してほしいと願っています。

2020.10.31 HCR2020WEB事件

福祉機器Web2020というのが年末まで公開されています。
本来なら開催予定だったHCR2020がコロナの関係で中止になり、代替でWeb開催ということになったわけですが…

ハッキリ言って期待外れもいいところでした。

来場者にとって福祉機器展の良いところは現物を実際に見て触ったり、係員(基本的には出展者の社員)に直接尋ねたり、意見が言えることなのだと思う。
(企業からしたら本当は商談の目的なのですが…)
実際に触れないWeb開催だからそのあたりは仕方がないのですが、それなら最大で5分程度の商品説明の動画を作成して公開すべきだったのではないかと思う。
出展者のHPに載っている商品説明の方が詳しかったりします。

評価すべき点もあるにはあります。
開催期間が長いので開催日に気にせず時間の空いた時に自宅で見られるのは東京まで行けない人にとって朗報でしょう。
交通費もかからないし。

今となってはどうしようもないですが、比較的早い段階で中止を決定したのだから出展者に商品紹介動画を作成してもらう時間はあったように思う。
来年以降もWeb開催をするなら福祉機器展ならという企画を行ってほしいです。

2020.10.24 西九条舞欠勤事件

右手の炎症が再発して総合病院に行きました。
レントゲンでも大袈裟だと思っているのにCTを撮った。

無論、支払額も急上昇。
使い物にならないので仕事を休んでいたのですが、運の悪いことに炎症から高熱が出てしまいました。
病欠の身なので、このHPを更新できるはずもなく1週飛ぶことになりました。
モチベーションが下がりに下がっているので欠勤に関しては罪悪感はないのですが…

1週飛んだ分、どこかで臨時的に記事を書きたいと思います。

2020.10.10 セールス電話撃退事件

仕事をしていたら知らないところからセールス電話がかかってきます。
特に今年は各社売り上げが下がっていて必死です。
しつこい電話だと辟易しますが、各種給付金を当て込んだと思われるセールス電話だと丁重にお断りをします。

仕事に対するモチベーションはものすごく低いですが…

商品を売りたいので客である勤務先企業で役に立つものをお勧めとしてセールストークをします。
幸い、コロナのせいで直接訪問がしづらいのでまだ気が楽なのですが、時間を取られることは変わりません。
ネットのセキュリティ対策で商品を売りたかったみたいですが、UTMを取り付けている旨を話すとおとなしく引き下がります。
「他に困ったことはありませんか?」と尋ねる業者。
すかさず…
「お金がなくて困ってます。」と答える私。
笑って電話を切るしかない業者。
モチベーションが低くても平和的にセールス電話を撃退する西九条でした。

2020.10.3 右手炎症事件

日曜日から右手の様子がおかしい。
月曜日の朝に仕事どころではないので整形外科に行きました。
レントゲンや血液検査を行った結果、炎症反応がでました。
レントゲンを受ける前から分かっていたことですが、骨はどうもありませんでした。

処方箋をもらい薬局へ。
薬剤師の方は一目見て右手が腫れていることに気が付き、バッグの中に入っている処方箋を取り出すのを辛抱強く待ってくれました。
抗生物質と痛み止めの薬、痛み止めの薬を飲むために出るであろう副作用を抑える胃薬をもらい薬局を後にしました。
月曜日はキーボードを叩くことも箸を持つのも大変だったので左手で食事。
幼少期のころ左利きで良かったと思いました。

薬のおかげで翌日には右手で箸を持てるようになりましたが、パソコンのキーボードを買いに行ってもらいました。
なんとかキーボードの交換もできたのであとは握力が回復するのを待つだけです。

Weekly West Nineトップに戻る
サイトマップに戻る

 Copyright ©2002-2021 Nishikujo Mai All Rights Reserved