2022.4-6

Weekly West Nine

Weekly Diary Written by Nishikujo Mai

HOME>Weekly West Nine>2022.4-6

2022.4-6

2022.5.21 バリアフリー2022ONLINE

5月16日から7月29日までバリアフリー2022のオンラインで開催されるというのでネットを見ました。
来月にはインテックス大阪で開催されるのでそちらに実際行くのですが、出展企業の確認ということもあります。
バリアフリー展は事前申込制なのですでに申し込みを済ませているので問題はないのですが、ネットの閲覧でもログインが必要。
ログインまでして出展社・出展製品を検索したら…
該当企業のHPのリンクでした。

あまりにも内容がしょぼいので途中で見るのを止めました。
オンライン展示会なのだから、このサイトでなければ見られないものがあるからこそ意味があるのであって、出展企業のHPに移動するだけなら展示会とは言わない。
ただのリンク集です。

出展企業が少なかったということもあってオンライン展示会でまだましだったのは北九州で行われた西日本国際福祉機器展だと思う。
そう言えば、名古屋のwelfare2022はオンライン展示会はないなぁ。

あるだけましなのか、名古屋のwelfareは出展企業のところをクリックしたら出展企業のHPに行くのでオンライン展示会だの設定する必要が無いのかどちらかだと思うのですが…
今回もこじんまりとした会場になるのがレイアウトで分かりますが、中身の濃いリアル展示会になってほしいと思います。

2022.5.18 祝!西九条舞のアクセスの小箱 開設20周年

2002年5月18日にこのHPを開設してから20年が経ちました。
元々作っていたOCN自体がHPサービスそのものを止めてしまったのでURLを変更していますが、何とか続けています。
最近では簡単にホームページを作れるツールがあるのは知っていますが、その手のツールの最大の欠点は公開ページ数が限られるのでこのまま続行しようと思っています。
(とはいえ、WEB制作スキルを上げる必要はあると思ってはいるのですが…)
私も20年の間にいろいろありましたがバリアフリーに関する情報を提供していきたいという情熱と行動は20年前と変わりません。
むしろ、年を追うごとに情熱が増している気がします。
その分、人様との付き合いは格段に悪くなりましたが。

開設10周年のような特設ページを作ろうと思っていましたがネタがなさそうなので、普段のページを充実したものにしたいと思います。
メインのアクセス各駅停車も公開内容の度々の変更で何度も訪れているのにまだ公開できていない事態が続いています。
いい加減に一旦公開したいなと考えています。
折角、開設20周年を迎えたのでトップページにアイコンを公開しました。
CHARATで作成したものですが、私に見た感じだと…
キャラの女の子、まだ20歳になっていなさそう。

それを西九条舞のイメージとして使っているわけで詐欺レベルです。
同じなのは来ている服の色だけです。
こんな私ですが、これからも西九条舞のアクセスの小箱をよろしくお願いします。

2022.5.14 ジャム

わたし、西九条はジャムを買うのがマイブームになっています。
スーパーで売っているようなものではなく、お土産物店とか道の駅で売っているジャムです。
Cブログの取材で行った帰り、徳島ではすだちのジャムを購入しましたし、道の駅 木曽川源流の里きそむらで購入したのはすももジャムでした。
先日、道の駅宇陀路室生でブルーベリージャムを購入しました。
もちろん、大手メーカーのものではなく花の郷 滝谷花しょうぶ園で製造されたもの。
果肉が分かるので素材が活かされているのが容易に分かっていいです。
朝食にパンに塗って食べていたら果肉がパンから溢れ、仕事着のブラウスに付いてしまいました。
砂糖控えめのジャム故に果汁がたっぷり。
すぐにぬれティシュで拭きましたが、しっかり、果汁のシミが付いてしまいました。

これから、朝食後に着替えようと思ってしまいました。

2022.5.7 予行演習

最近、精力的にあちこち行っている西九条です。
しかし、そんな西九条でも最近利用していない乗り物が2つあります。
飛行機と夜行高速バスです。
物理的に最もはやい乗り物である飛行機と休みが少ないので寝ている間に移動してくれる夜行高速バスは私の行動半径をさらに広げるものになると思います。
夜行高速バスはぶっつけ本番しかありませんが、飛行機の場合、自宅から空港までの所要時間が必要なのか、否、始発電車に乗れば何時発の飛行機に搭乗できるのかそれによっては飛行機の選択の幅が決まります。
となると、関空からのLCCが有力候補になります。
伊丹空港は門限があるので午前7時以前に飛行機が発着できません。
しかも最近、コロナの影響で飛行機の減便があり、午前7時過ぎの便が無かったりします。
もちろん、私にも外出の予算があります。
実際に始発電車に乗って関空まで行って実験してみました。
P社のフライトだと駅に着いてから別のターミナルに行かなければいけないので午前7時以前の便は難しいと判断しました。
午前6時台だと前の日の終電で難波か天王寺に行き、ネカフェで始発電車まで過ごすという手段になります。

JというLCCは関空発が遅いので現地滞在の長さで不適格でした。
後は運任せで伊丹から飛ぶしかないと分かりました。
運っていうのは?
バーゲン運賃のことです。ハイ。

2022.4.30 さくらサーカス

さくらサーカスの舞台。実は写真・動画撮影OKで別の意味で一番驚いたもの。

Nattsという南海電鉄が出しているフリーペーパーがあります。
4月号の裏にさくらサーカスの広告が載っていました。
聞いたこともない団体で和泉市で行われるとあったので天気の悪い昨日行ってきました。
場所は和泉市にある池上曽根史跡公園というところで、この公園は和泉市池上四丁目と泉大津市曽根町にまたがっています。
(サーカスのテントは和泉市側にあります。)
最寄駅である阪和線信太山駅に行きました。
車で来ている方が多く、駅から歩いている人は少数派でした。
史跡公園自体、国道26号沿いにあるので仕方ありませんが…
入口の手前に特別招待券があったのですが、大して割引が無いと思って無視していこうと思いました。
貧乏人根性で貰えるものは何でも貰った結果…
当日A席3,200円・前売り2,600円のところ1,600円で見れました。

前売券のメリットは先に入場させてもらえるのがメリットですが、個人的には1,000円安い方がいいやと思います。
ちなみにA席より当日券で1,600円高いBOX席は売り切れていました。
冒頭で述べた広告には6月12日まででしたが8月28日まで延長ということでした。
好評なのか次回開催地が未定なのか謎ですが、経営が綱渡り状態かもしれません。

サーカスが始まって驚いたのは写真・動画撮影OKということ。
2020年に大手サーカスから独立したということもあって知名度では大手サーカスと比べたら圧倒的に低いので拡散してほしいという意図があるのでしょう。
テントだけ撮ってこの記事を書くつもりだったのでありがたいです。
さくらサーカスと聞くと和のイメージがありますが、日本人らしき人間を見つけるのが困難なくらい日本人がいませんでした。

しかし、パフォーマンスは万国共通語というのをサーカスの舞台で証明してくれます。
大手サーカスとは違い、少数精鋭で行っているため同じ人間が違うパフォーマンスをしているので着替えや休息を兼ねてピエロの時間が長いように感じました。
車いすトイレの類もなかったように思います。このあたりはお台所事情によるものが大きいのかもしれません。
が、HPにそのような記述は欲しいところです。
サーカスではつきものの動物ショーがないのが印象的でした。
出てきたのは…
着ぐるみのゾウ。

ピエロと一緒でしたがまさかサーカスで着ぐるみが出てくるとは思いませんでした。
(人間が4つんばいで歩くのも中々大変ではあります。)
もちろん、サーカスをやっているのでパフォーマンスそのものは見ていてよかったと思いますし、休憩時間なども演者と一緒に写真が撮れるといったサービスがあって、「これがさくらサーカスだ」という意識があってよかったと思います。

2022.4.23 Oの悲劇

Cブログで蘇洞門(そとも)めぐりに乗船した時の話。
乗船場所である若狭フィッシャーマンズワーフの駐車場側の入口にさばトラななちゃんの形をした人形焼きのようなもの(ななちゃん焼きとして販売)が売っていました。
Dブログの管理人としてはブログネタにもなります。
船の中で食べようと乗船直前に購入。
片手に乗船券、もう片手にななちゃん焼きを持って改札に。
そうすると改札担当の係員からななちゃん焼きを持っている私を見て声をかけてくれました。
実は船員さんが焼いているらしい。
そして、1分後に悲劇が起こります。
海からやってきた野鳥にななちゃん焼きを奪われました。

一瞬のことで何が何だか訳が分からずにななちゃん焼きが無いことだけは分かりました。
観光船であるのでこの光景を見た方は数人いました。
「いいことをしたのに…」とか「こんなこともあるもんやね。」と同乗者である見知らぬ人に声をかけられました。
気分を落ち着かせるために遊覧船の座席に座り、船は出港しました。
乗船中感動しながら写真を撮っていましたが、下船後に船の写真を撮ることにしました。
カメラまで奪われたら困るので今度は気合を入れました。

「ブログネタを奪いやがって」なんて思いながら…
さすがに再び同じ商品を購入するわけにはいかず、そのまま小浜駅に行きました。
で、Cブログを書くときに運行会社である若狭フィッシャーマンズワーフを見ました。
そして、こんな記述がありました。
フィッシャーマンズ・ワーフ建物前屋台で販売している、「ななちゃん焼き」の売上の5%をウクライナ人道支援基金に寄付致します。

「いいことをしたのに…」と言われた理由が分かりました。
つまり、野鳥は売り上げの100%を奪ったのではなく、95%を奪ったことになります。
高い餌代になりました。
この時、初めて箕面のサルに食べ物を奪われた人の気持ちが分かりました。

2022.4.16 債権者登録

大阪府から我が社に補助金が出るということなのですが、必要書類の中に債権者登録があります。
エクセルのファイルなのは問題ありません。
問題なのは紙媒体で送るのではなく、ファイルを伝送するのです。
普通のエクセルファイルを入力するのはもちろんできます。
こいつのややこしいのは升目に1文字ずつ入力をしないといけないこと。
漢字だけならまだいい。
カタカナも書かなくてはいけない。
法人なので必然的に濁点がある。
1マスに1文字を書くやつって、濁点だけで1マス使うのです。
例えば、ガと書いてはダメです。
カ゛と2マス使う必要があります。
どうやって打ったらいいか調べました。
だくてんとひらがなで打って変換したらよかったのですが、「わざわざ升目を作って入力させるなよ」とぼやきたくなる。

次に住所だって○○町にあるからョだって独立して表記しなければいけない。
これはチョと書いてョだけ切り取ったらエラーを起こしてくれました。

これも調べてxyoとローマ字入力をしたらョが出ました。
こんなややこしい書類を作成させないでほしいです。

2022.4.9 偏平足

私はどちらかと言うと偏平足の部類ですが(ちなみに足の甲も高いとも言われます。)、私以上に偏平足の同僚がいます。
彼女曰く偏平足用のサポーターと言うものがあるらしい。
それが無いと歩くのも辛いそうだ。
私はそういうことが無いので自分で偏平足と思っていたけど大したことでなさそうです。
最近知り合った女の子も偏平足らしく、歩くのも大変ということで偏平足用のサポーターをネットで購入することになった。
ただ、仕事をしているので宅配便の受け取りが難しいらしく、私に発注を頼んできました。
早速、ネットで注文してコンビニで入金をして受け取りを待つのみ…
なんだけど、私の名前で発注しているから私が扁平足と思われるのでしょう。
(まぁ、偏平足ですが…)

ただ、使用した感想を聞かれると困ることは間違いなさそうです。

2022.4.2 定期券購入

この4月で大学2回生になる姪に定期券の購入を頼まれた。
昔、こんな光景を体験したことがある。
姪の親である姉に定期券の購入を頼まれたことを。
頼む理由も素晴らしい。
定期券売場まで行くのが面倒くさい。

理由も母娘とも同じ理由だ。
当然、姉は娘に対し「そんなずぼらなこと止めなさい」と言える立場ではない。
通学定期なので4月からの定期は学生証とか通学証明書が必要なので面倒と言えば面倒。
しかし、私も学生時代は自分で定期券売場に行きました。
最近は定期券売場そのものが縮小しているので購入しにくいのは理解できますがその分、自動券売機で継続定期が購入出来るので新規や新学年以外はむしろ購入しやすいのです。
次回以降は自力で購入してほしいです。

Weekly West Nineトップに戻る
サイトマップに戻る

 Copyright ©2002-2022 Nishikujo Mai All Rights Reserved